弘法も筆のあやまり|間違えた字は何?

弘法も筆のあやまり

良く聞く言葉です。
と思っているのは私だけかも知れませんが、最近使わないのかな?

弘法も筆のあやまりとは・・・

どんな名人やプロでも、間違えたり失敗することはあるものだ。

という意味ですね。
良く聞く諺です。良く聞くというか、私が良く使う諺の一つです。
古い人しかわからないかも知れませんが・・・

弘法も筆のあやまりの「弘法」と言うのは、弘法大師のことです。
弘法大師と言えば、平安時代の坊さんで、空海のことです。

空海

空海と聞けばわかってくれる人いるんじゃないですか?
知ってますよね?空海?

そらうみじゃないですぞ。
「くうかい」ですからね!!!

弘法大師 空海は、真言宗の開祖として良く知られているところですが、書の名人としても有名なんです。
調べたところによると、嵯峨天皇と橘逸勢と共に、「三筆」と呼ばれたそうです。

この弘法大師が字を書き損じたことによって、「弘法にも筆のあやまり」という諺が生まれたのですが、それは「今昔物語」に出てきます。
今日の都の大内裏に応天門という門があります。
弘法大師は勅命を受けて、この門に掲げる額を書くことになったのですが、書き間違えて「応」の字の上の点を打つのを忘れたそうです。
そのまま、額は応天門に掲げられ、それを見た弘法大師が間違いに気付き、筆を投げつけて点を打ったと「今昔物語」には書かれています。

これが、「弘法も筆のあやまり」の語源とされていますが、筆を投げて点を打つなんてすごいですよね。
もし間違えて違うところに当たったらと思うと、そんなこと出来ません・・・
ちゃんと、梯子を持ってきて点を打った方が良いですよってアドバイスしたくなっちゃう(笑)

この機会にことわざ辞典でも見て、勉強しましょう!

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ