カメムシの効果的な駆除方法|匂わず汚れず始末が出来ます

田舎に帰ると、たいていカメムシがいます。
私の実家は、市町村合併により松阪市になりましたが、すっごいど田舎です。

その田舎では、カメムシのことを「へこず」と呼んでいます。

なぜそんな言い方をするのか、わかりません・・・
「屁が来ない」で、屁来ず・・・へこず・・・
な訳ないですしね(笑)

そんな話はどうでもよくて、今回は「カメムシ」駆除についてです。
カメムシって、何か刺激を与えると、必ずと言って良い程、「屁」をこきます。
それが良い香りが漂うなら問題はないのですが、悪臭ですもんね。
これなら、まだ人間のオナラの方がましかな?(笑)って言う臭さです。

人間のオナラも人のオナラは嫌なもんですが、それとはまた違う独特のいや~~~な臭いですもんね。
勘弁してほしいです。

ですから、カメムシに屁をこかせずに、撃退・駆除する方法を実家の母親から伝授してきました。
本当は、カメムシ使った画像が良いのですが、今年はカメムシが出現せずで。
いつも、布団の間に居たり、サッシのところにへばりついていたりするのですけどね。
居ないに越したことはありませんけど。。。

へこず(カメムシ)駆除方法

1.ターゲット(カメムシ)確認

ちょっと下手くそですが、これがカメムシだとします。
ターゲットですね。

カメムシ

ターゲット確認!!!

2.適度な大きさにガムテープをカット

ちょっと長めにガムテープを切りましょう。
短いと後で捨てる時に困ります。

ガムテープを切断

3.そっとターゲット(カメムシ)に接触

刺激しないように、そ~~~~っとターゲットに近づきます。

近づく

4.優しくタッチ!

カメムシにガムテープで優しくタッチします。
本当に、タッチする感じで良いです。
強く押してしまうとそのまま潰れて、これもまた悪臭になります。
刺激しないように、そっとタッチするのがコツです。

優しくタッチ

5.確認する

カメムシがガムテープにくっついたか確認します。

確認

6.折りたたみます

カメムシが入ったガムテープをそのまま折りたたみます。
この時も、優しくそ~~~っとが鉄則です。

折りたたむ

更に折りたたむ

7.捨てます

このままごみ箱にポイ!

カメムシをごみ箱にポイ

自分がこの中にいることを考えるとちょっと残酷な気分にはなります。
密閉すれば呼吸が出来なくなって窒息死ですし、呼吸が出来ても身動きが出来ずにそのまま火葬場・・・
思い切って殺してあげたいですけど、臭いが・・・

こんな感じで、臭いも出さずに手も汚さずカメムシを駆除出来ます

番外編

私は、小さい時、カレーの中にカメムシが入っていることを知らずに食べたことがあります。
ガリっと言って、一気に口の中に刺激が走ったことを覚えています。
臭いのも臭いですが、その前に痛いです。
あの刺激はもう二度とごめんです・・・

みなさん、食べることはないでしょうけど、カメムシを噛むとしばらく口の中がジンジンしますよ。

あ、臭いがしばらく取れないって言うのもあるので、ご注意を(笑)



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ