お昼のバイキングで、AGE特集やっていましたね。
そこで、軽く見ていたのですが、加熱調理すると、同じ食材でもAGEが増えるようです。

一番いけないのは、揚げ物。
次いで、焼き物。
煮物、生。
と続きます。

AGEだけに限っていうと、

生 > 煮物 > 焼き物 > 揚げ物

のように、生が一番健康に良いということになります(笑)

stake

ステーキも良く焼いてあるものより、レアのステーキの方が良いとのことです。
良く焼くと、焼き目(焦げ目)が付きますよね。
そこにAGEが多く含まれるそうなんです。

AGEとは?

AGEって何なんだ?ってことになりますね。
私も今日初めてしりました。
AGEとは、終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち

タンパク質と糖が加熱されてできた物質

のことだそうです。
このAGEは、強い毒性を持っていて、老化を進める原因とされています。

老化と聞くとすぐに頭に浮かぶのは、肌ですよね?
シミとかシワとか、気になるかた多いのではないですか?

確かに、これもAGEが増えることによって、老化が進むでしょう。
ですが、それだけではありません。
AGEはもっと怖いんです。

AGEが血管に蓄積されると、心筋梗塞、脳梗塞が怒ります。
AGEが骨に蓄積されると、骨粗しょう症。
AGEが目に蓄積されると、白内障の原因にもなります。

AGEとは、美容面だけではなく健康面にも重要な要素になってくるのです。

ハッピーメールバナー

AGEは体内でも作られる

AGEは、食べ物から摂取することと、体内で作られるものと2種類あります。
食べ物については、冒頭で説明したように、調理方法によってもAGEの数が変わってきます。
出来るだけ、揚げ物は避けた方がよいということですね。

そうそう、食べ物に含まれるAGEですが、そのまま全部蓄積されるわけではなく、ほとんどは消化されてしまうので良いそうなのですが、どうしても7%は排出されずに体内に溜まってしまうそうです。

そして、体内で作られるAGEなのですが。
AGEは、「タンパク質と糖が加熱されて出来た物質」なので、体内でも作られます。
ということは、体内が高血糖だと、AGEがたくさん作られるってことです。
血糖値が上がってしまうような食べ物は極力避けた方が良いみたいです。

バイキングのテレビ内では、

そば VS うどん

がやっていました。
食品がもつAGEは、そばの方が高かったんです。
ですが、食べるとうどんの方が血糖値が上がりやすく、体内で作られるAGEがうどんの方が多いらしいんです。

そういうわけで、そばの方が健康的という結果でした。

とは言っても、うどんも食べたいじゃないですか。
その場合は、山菜が良いらしいです。
血糖値さげてくれるから。

なので、うどんを食べるときは山菜うどんが良いらしいですよ。
さらに、とろろもつけると最高とのこと。

うどん食べる時は、山菜トッピングにしなきゃですね。
それから、ステーキもレアで行きましょう!

今までウェルダン食べていた人も、たまにはレアで頂いてみたらどうでしょうか。

合わせて読みたい記事:


日記・雑談 ブログランキングへ