ウィンブルドン2015 決勝はジョコビッチがフェデラーに勝利

錦織圭が第二戦で棄権をした為、日本での露出は少し少な目でしたが、それでもやはりウィンブルドン。

日本でも気になる人が多いでしょう。

7月12日、ウィンブルドンの決勝戦が行われました。

今年のウィンブルドンは、第一シードと第二シードのぶつかり合い

まさに、トップランキングの二人が激突となったわけです。

ここに錦織圭がいたらって思う日本人は、僕だけではないはず!

 

試合の結果ですが、3-1で、ノバク・ジョコビッチの勝利。

ジョコビッチさんおめでとう!

これで、2年連続3度目のウィンブルドン制覇になります。

強いですね、本当に強い。

 

負けたフェデラーも十分強いですが、どのスポーツでも1位しか頭に残りませんよね。

2位以下は、全部同じなんです。

フェデラー悔しかったでしょうね。

あと一歩のところで、いつも優勝さらわれる・・・

 

だけど、二人の成績を見てみると、今まで40戦してる。

2015年7月12日現在で。

今回ジョコビッチが勝ったことによって、なんとなんと!

成績は、20勝20敗!

イーブンになったんですよ。

 

この二人、真のライバルなのかも知れませんね。

そういう間だからこそ、お互いを高めていける。

素晴らしい関係ですね。

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ