田中将大も受けていたPRP治療をオリックス糸井も受けていた

オリックス・糸井嘉男外野手(34)が壮絶な治療をしていたことを告白しましたね。

PRP治療

これって、いろんなスポーツ選手が受けている治療ですよね。
少し調べてみましたが、田中将大もこの治療を2014年に受けてます。

このPRP療法は、再生療法の一種。
自分の血液から採取した多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)を注射する治療法です。
美容やアンチエイジングなどの治療にも用いられているようです。

糸井選手は、左ひざの痛みで今季は思うような成績が残せませんでした。
そこで、この治療に踏み切ったと思います。


_DSC8119 / ogeypt

痛いのはよくわかりますが、コメント見るとちょっと腹が立ってきましたね。

治療後の初の会見で、

「あの痛みは、やった人でないと分からんっすよ。40本ですよ、40本!」

と言ったそうですけど、それ自分の商売道具を治す為でしょ?
自分で決めたことなんだから、もっと大人しくしてろよ。
と言いたいです。

何を偉そうに、40本!!!って。
自慢かよ!

どんなことがあっても、自分のことをあまり語らない、サッカーの本田を見習ってほしい。
もう30過ぎてるのだから、紳士になって下さい。

と思いましたけど、私はメディアしか見てないからなぁ。
ただのリップサービスかも知れませんね。

来期は、良い結果を残せると良いですね。

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ