大沢樹生の裁判で話題のDNA。生まれ持っての才能ってあるのですね。

人間努力したらどうにでもなると思っています。
努力は人を裏切らずって言葉もありますし。

ただ、持って生まれた才能があることも理解していますし、どうしても超えられないものがあるのもわかります。
きっとそれがDNAなんですね。
頭が賢い人の子供は賢いというのは、DNAの問題だと思います。


(c) .foto project

スポーツ選手の子供がスポーツ出来るのも、その環境にあると思っていました。
ピアノ奏者の子供はピアノが上手だとか。
それは、その家庭の環境で、小さなころからスポーツや楽器に触れさせることで、才能を開花させるのだと思ってました。
確かにそれも大切だとは思いますが、それ以外にも、DNAと言うものがあるのですね。
もともと、何もしなくても持って生まれてくる。
天才というのはそういうものだとは思います。

ですから、その人がそもそも持っている得意なことがわかれば、その方向に進むのが一番近道!?
というわけでもないとは思いますが、安易に考えるとそうなりますよね。
そこで、面白いものがありましたので紹介します。

子供の才能がわかる遺伝子テストらしいです。
これで、遺伝子が持っている才能を確認して、そこを伸ばすということですね。

私は、DNAなんてって思っていましたが、最近DNAって大事だなって思うようになりました。
ただ、だからと言ってDNAに縛られてもいけないと思うのです。
普通の凡人だって、やれば出来るんだってところを、私がお見せしますよ!
来年の今頃、ここよりももっと素敵なポジションにいることでしょう。

楽しみです。

そうそう、親子鑑定出来るサイトもありましたよ。
ジーントラックジャパンってところです。
DNA鑑定で検索したら一番最初の広告に載っていました。
安いけど、大丈夫なのかは不明です。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ