40代技術者が転職するということ

技術者が転職することは、案外容易なことだと思ってきました。

手に職があるということはとても強いことだと。

ただし、それが通用するのは若い時だけということに、今更ながら気付かされています。

サラリーマン

技術者は、技術があってなんぼ。

若い時に、技術力があれば、とても重宝されます。

ですが、年をとればとるほど、技術力はあってあたりまえ。

賃金もそれなりにたくさん持っていくのだから、1人で2倍も3倍も稼いで貰わないと会社としても困るわけです。

そうなると、40代は技術があって当たりまえ。

プラスアルファが求められるのです。

 

工程管理が出来る。

人・もの・金の管理が出来る。

 

とかですね。

 

これが出来る人は、引く手あまたでしょう。

出来ないと、40代での転職は難しいのではないでしょうか。

だれも、普通の年寄りを面倒みてあげようなんて思いませんもん(笑)

 

 

転職するなら、30代まで。

40代になっての転職は、ヘッドハンティングだと思うしかないでしょう。

 

 

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ