ヘッドクリーニングキット要らず!カセットデッキのお手軽クリーニング方法

デジタルオーディオ全盛のこの時代。
カセットデッキをお持ちの方はかなりレアな方かも知れませんね。
カセットテープで音楽を聞く人もほとんどいないでしょう。

ですが、いるのですよ。
カセットテープで音楽を聴く人が、うちの実家には・・・

そして、最近音がこもって聞きにくいからなんとかしてくれと。
クリーニングキット買ってきて、やってくれと言うのですが、そんなの要らない!

あるものとあるものがあれば、綺麗になるんだ!

用意するもの

カセットデッキのヘッドクリーニングに必要なものは以下2点です。

  1. 綿棒
  2. 除光液

これだけです。
後は、ヘッドの位置がわかればそこをごしごし磨くだけ。

カセットデッキのヘッドの位置

再生ボタンを押して見て下さい。
蓋が閉じていないと再生出来ない、高価なデッキもありますが、安物ならがちゃんと出てきます。
それがヘッドですね。
クリーニングしないと、ここに汚れが溜まってきます。
以下の写真は、掃除した後の写真です。
うっかりして、掃除する前の状態を撮るのを忘れていました・・・orz

カセットデッキのヘッド

掃除開始

綿棒の先端に除光液をしみこませます。
軽く濡れる程度で構いません。
そして、後はヘッドをこするだけ。

ヘッドの掃除

こんな感じでごしごしこすれば、汚れが取れてきます。
うっすら茶色になっているのがわかりますよね?

掃除した後の綿棒はこんなに汚れてしまいました。

汚れた綿棒

ヘッドクリーニングの効果

クリーニング後に、同じテープを聞いてみましたが、めちゃくちゃクリア!
デジタルオーディオに比べたら全然音質は悪いですが、聞けるレベルのものになりました。

クリーニングの効果ってあるんですね。
まだしばらく、このデッキは現役生活を続けることでしょう。

でも、どうしてもキットが良いという方は、これを使ってみて下さい。

おそらく、中身は同じようなものだとは思うのですけどね・・・

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ