キスには鎮痛作用、ストレス緩和効果があり、寿命も延びる!

キスをすると寿命が延びるというデータがある。

どうやら、恐妻家の夫は5~10年も寿命が短いのだとか(笑)
キスをたくさんする人は、平均して寿命が5年ほど延びるんだそうだ。

キス

キスをすると健康になる

キスで筋肉がたくさん動き、血行も良くなり健康になる。
プラスのリズムになるということですね。

「行ってきます!」のキスをする人も、しない人に比べて5年寿命が長いのだとか。

キスをするとお互いの口内バクテリアを交換することになります。
口内には、およそ500万の異種バクテリアが存在しているといいます。
その大量のバクテリアを交換することによって、免疫力が補完されるのです。

他にもキスをする人としない人では違いが出てきています。
キスをする人は、

  1. 欠勤率が低く
  2. 交通事故にあう確率も低い
  3. 収入も25%程高く
  4. 寿命は5年長い

これだけの好条件がそろっています。

キスには鎮痛作用がある

キスは、モルヒネの10倍以上の鎮痛効果があるそうです。

キスをすることで、人体に自然に備わった痛み止めを活性化させる作用が働くからです。
キスをすることで、痛みが取れるなら、試してみてもよさそうですね。
相手が了承してくれているのであれば、キスで失うものは何もないのですから。

キスはカロリーを消費する

意外といえば意外ですが、キスはカロリーを消費します。
1回のキスで、20箇所以上の筋肉を使うんだそうです。
チュッとするキスではなく、ディープキスの場合だと思います。

フレンチキスですとカロリーの消費はほとんどないとは思いますが、情熱的なキスになるとカロリーをたくさん消費する運動量になるようですね。

3分間のキスで、約15キロカロリーが消費されます。
1時間続けたら・・・
顎が外れそうになりますが(笑)かなりのカロリー消費が見込まれますね。

ストレスを緩和する

キスをすると、愛情ホルモンが分泌されます。
愛情ホルモンとは、「オキシトシン」です。
このオキシトシンが分泌されると、心臓の動きが穏やかになる効果があります。

また、オキシトシンだけではなく、「エンドルフィン」も分泌されます。
エンドルフィンは、不安や苦痛に効果があると言われています。

気をでストレスから解放されるなんて幸せですよね。

海外の研究では、キスをすると「コルチゾール」の濃度が急激に下がることが分かっています。
コルチゾール」はストレスホルモンと呼ばれる物質で、免疫力低下や老化を早める恐れがあるホルモンです。

アトピーにもキスの効果がある

 

2015年の「イグ・ノーベル賞」を、日本人が受賞しています。

タイトルは、

キスをするとアトピー性皮膚炎患者のアレルギー反応が弱まる

なんとすごい。
情熱的なキスをすることで、アトピーにも有効であることがわかったということ。
90人のデータをもとに、導き出したのだとか。

キスだけではなく、性行為をした場合も同じ結果が生まれたという。

全てにおいて共通点は、「愛」なんでしょうね。

キスをすることで、世界平和につながると良いのになぁ。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ