鶏の卵はまん丸ではなく、楕円形をしている。その理由はなに?

鶏の卵は丸いですが、まん丸ではありません。
鶏の卵は、楕円形をしています。

そんなのあたりまえだから、どうして楕円形なのかを考えた人はいないかも知れませんが・・・
私は気になったので、調べてみました。

鶏の卵はどうして楕円形なのか?

答えから先に言います。
それは・・・

楕円形なら、転がっても元に戻ってくる

からです。

玉子

他の生き物の卵というのは円形が一般的です。
その中で、鳥類は楕円形が多い。
それは、鳥が卵を育てる環境に理由があります。

どのような生物であっても、子供や卵というものは、弱いものです。
その環境において、弱者に位置づけられるものですね。
ですから、外敵に襲われる確率が最も高い。
そんな危険な環境の中で、鳥たちは、外敵に襲われないように、木に巣を作って卵を守ってきました。
弱者である卵を守るためです。

ですが、高いところに巣を作ると、今度は落下が危険。
落下すると、卵は命を落とすことになりますからね。
そこで、まん丸だと転げおちてしまうので、楕円形で元に戻るようになった。

そういう歴史から、鳥類の卵は楕円形になったのですね。

ですけど、議論しているのは、鶏の卵でしょ?
鶏って飛べないやん!

そうです、よく気付きましたね(笑)

ただ、鶏だって鳥類なんですよ。
DNAは飛んでいる鳥類のものを受け継いできたので、卵は楕円形なんです。

 

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ