睡眠時間が少ないと太る。科学的根拠は何?

「睡眠不足は太る!」と聞いたことがあります。

普通、起きている時間が長くなると、その分カロリーが消費されるから、逆に痩せるのでは?
いや、起きていたらその分食べてしまうから、カロリーを摂取してしまい、太るのかな?
いろいろ考えていまいますが、睡眠不足が肥満につながるということはあるのでしょうか?

睡眠不足と肥満が関係するデータ

7時間から9時間の睡眠時間人と比べて、4時間以下の睡眠しかとっていない人は、なんと73%も肥満になりやすい!
という発表がありました。
こういうデータがあるのは、ちょっと驚きです。

睡眠

実は私の睡眠時間、4時間以下ではないですが、それに近いです。
普通に睡眠をとっている人に比べると、太りやすいってことですね。

ちなみに、その発表ですが、5時間では50%(私はこれ位)
6時間でも23%それぞれ太りやすいらしい。
(コロンビア大、対象1万8000人、32~59歳)

データは、太りやすいってことでわかりました。
では、なぜ太りやすいのだろう?

起きていることによるカロリー消費以上に、つい食べてしまうことが多いのが原因ではないかと。
確かに起きていると食べちゃいますもんね。
でも、そんな原因で片付けられたら、あまりにも普通すぎます。
きっと、科学的な根拠があるはずなんです。

調べてみましょう。

睡眠不足が肥満に与える科学的根拠

レプチンやグレリンという成分を知ってますか?

レプチンは、食欲を抑制する働きがあるホルモンといわれています。
そして、グレリンは、食欲を刺激するホルモンといわれています。

レプチンは、食欲抑制ですから、「もうお腹いっぱい」と言う感覚を起こしてくれるものです。
そして、グレリンは逆に食欲を欲するホルモンですね。

この2つのホルモンの関係が睡眠不足になるとどうなるか。
そうです、睡眠不足になると、食欲抑制ホルモンのレプチンが減って、
食欲刺激ホルモンのグレリンが増えるんです。

シカゴ大学のチームで実験した結果によると、
2晩連続で4時間しか寝ないと、10時間寝た場合と比べて、グレリンが増えてレプチンが減っていることがわかったそうです。

お菓子などの甘いものやポテトチップス、ナッツ等の塩辛いものを欲するようになり、パンやパスタなどの炭水化物も食べたくなったとのこと。
これは、やばいです。
炭水化物は、私の敵です!敵ですが、とても食べたくなります。

夜中にラーメンを食べたくなったりするのは、グレリンのせいなのかぁ。

夜はしっかり寝て、ホルモンバランスをとるのが大切なのですね。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ