特急ひたち(いわき-品川)の座席確認方法が新幹線を超えたハイテクだった

いわきからの出張帰りのこと。
初めての特急「ひたち」に乗りました。
出張の場合、大抵新幹線を使うのですが、いわきには新幹線はありません。
特急にのって移動することにしました。

いわきから名古屋に帰るためには、まず東京に戻らないといけません。
そこで、いわきから東京方面に出ている特急「ひたち」に乗りました。

新幹線も綺麗ですが、この特急「ひたち」も中がとてもきれい。
平日の昼間でしたが、いわきからの社内はガラガラ。
最初、10号車は貸し切りですか?って思っちゃいました。
一人でしたから。

その時は気付かなかったのですが、上の方を見ると何かランプが光っています。

特急ひたちの車内

赤丸のところです。
これは何なのでしょうか?

上の赤丸は、私が座っているところ。
下の赤丸は、私の前の人の座席の上で点灯しています。

後ろも前も全部見てみましたが、指定席に座っている人のところが緑に点灯しているのです!
これって、新幹線でもそんなのありませんよね?

車掌さんは、このランプをみて、緑のところに座っている人は切符みなくても良いのです。
赤いところに座っている人に切符を拝見!ってすれば良いわけですね。
しかも、これは、駅に着くごとにランプの点灯が変わります。
当然のことですが、座席システムと連動しているのでしょう。

システムエンジニアの私としては、これはよく考えたなぁと感心しちゃいました。
やろうとしていることは簡単なことですが、この簡単なことを考えた人はすごいです。

このハイテク装備を見ただけでも、特急「ひたち」に乗って良かったと思いました。
そういえば、他の特急にも乗ってみましたが、こんな機能はなかったなぁ。

新幹線にも導入したらよいのにね。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ