日本のことを英語で「ジャパン」という経緯は?

日本のことを、英語では、「Japan」と書きます。
当たり前のことですね。
カタカナで書くと、「ジャパン」です。

東方見聞録

日本語では、「にっぽん」というのですから、英語でも「Nippon」となっていても良いですよね?
お寿司だって、「Sushi」というくらいなんですから。

英語で「ジャパン」と呼ぶ由来は、中国語から来ています。
中国では、日本のことを「ジッポン」と言っていたそうです。
今の中国の標準語である北京語では、日本のことを「リーベン」と発音しますが、中国南部では今でも「ジッポン」や「ジッパン」などと発音します。

そして、東方見聞録を書いたマルコ・ポーロは、「ジッポン」と言っているのを、「ジパング」と聞き間違えて記録したそうです。
それが、世界中に広まって、ジャパンになっていったと。

ということは、日本のことが「ジャパン」と呼ばれるようになった犯人は、マルコ・ポーロ!ということになりますね(笑)

英語以外に、ドイツ語やスペイン語も出所は「東方見聞録」と言われています。
ドイツ語の「ヤーパン」、スペイン語では「ハポン」

最初の音が国によって違いますが、これは、「J」の発音が国によって違うからだそうです。

 

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ