スマートフォンの充電を100%の状態で充電し続けると電池の寿命が3割縮む。

スマートフォンの充電ですが、100%の状態を常にキープし続けていませんか?
ノートパソコンの充電もそうですが、100%の状態で電源をずっと挿しっぱなしをしている人多いと思います。

スマホ

満タンの状態で、更に充電をしようとする為、電池にかなりの負担がかかるようです。
負担がかかるということは、電池の寿命が縮むということです。

最近の電池は、リチウムイオン充電池が主流。
それは、小さな体積に、たくさんの電池容量を詰め込むことが出来るからだそうです。
そのリチウムイオン充電池に負担をかけないようにするコツがあります。

充電池は50%~80%の間で使う

100%で充電し続けても充電池に負担がかかります。
逆に0%の状態から充電しても、負担がかかるそうです。
ですから、一番負担がかからない50%~80%の間で使うのが理想だということです。

充電中は機器の使用は控える

リチウムイオン充電池は、熱に弱いとされています。
使用中は、熱が出ますから、その時に充電すると更に負担がかかります。
ですので、充電中はおとなしく、使わない!
それが、寿命を増やす秘訣です。

 

どうでしょうか?
少しの注意で寿命を伸ばせそうです。

試してみて下さいね。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ