広島のお好み焼きなら、三八松浦が絶品!

お好み焼きと言えば、そばが入っていないものを想像します。

ですが、広島でお好み焼きと言えば、そばいりが普通。

ここらあたりでは、そば入りのことを「広島焼き」とか「モダン焼き」とか言います。

広島では、そんな言い方しません。普通に「お好み焼き」です。

 

広島風お好み焼きですが、広島駅で食べた「広島焼き」が美味しくて美味しくて。

昔はそのイメージが強く、どこで食べても美味しいと思っていました。

この「三八松浦」で食べるまでは・・・

 

他のお好み焼きと何が違うかというと、記事の柔らかさ。

ねぎのうまさ、そばのまろやかさ。

三八松浦広島焼き

一つ一つとってみても、美味しいのですが、全部合わさると絶妙な触感と味になるのです!!!

私は出張で広島行った時、お昼は毎日ここでした。

毎日食べても飽きないうまさです。

三八松浦広島焼き

写真では伝わらないかなぁ。

これは、ダブルです。

そばがダブル。

男の人なら、食べられると思います。

これで、750円ですからね。

最初、大きさにびっくりして完食は無理かなぁって思っていたのですけど、あまりのうまさに箸が進む進む。

あれよあれよという間に食べてしまいました!

ほれ、この通り。

IMG_1634

あっと言う間に、皿が綺麗になりました!

三八松浦さんのソースは、おたふくソースではありませんでした。

何ソースだったかなぁ・・・

広島焼きのソースは、全部「おたふく」だと思っていましたが、そうでないみたいですね。

おいてあった、辛口ソースがお気に入りです。

使ってみてください。

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ