ぬる湯(不感温度浴)がもたらす効能・効果とは?

ぬる湯が良いとは聞いていましたが、改めてぬる湯の効果について勉強しました。
ぬる湯につかることは心臓への負担も少なくてすみ、健康に良いのです。
ストレス解消にもなるとのことで、ぬる湯はこれからどんどん注目されるでしょう。

温泉

ぬる湯の温度

ぬる湯の温度は、36度前後です。
これくらいの温度のことを、不感温度と呼びます。
人にとって、冷たくも熱くも感じない温度ということから、不感温度と呼ばれます。

高温入浴の問題点

高温の入浴は、からだに大きな負担をかけてしまいます。
熱い湯は、交換神経に影響し、欠陥も収縮、血圧が上昇します。
お湯に入る前に、かけ湯をして熱さに慣らすことがとても重要になってきます。

高温の温泉の温熱効果は素晴らしいものがあります。
しかし、交感神経が刺激され、精神的に緊張し、リラックスはできません。

ぬる湯の効果

36度のぬる湯に入っていると、じわじわと体が温まってくるのがわかります。
そのうち、お風呂から出たくない、このままゆったりしていたいなぁと思ってしまうことすらあります。

ぬるい湯に長く入ることは、副交感神経を刺激し、脈拍が下がり、血圧も下がります
そして、神経を鎮めてくれる効果もあります。

さらに、胃液の分泌を促し、食欲が増進することもあるとか。

そして一番の効果は、ぬる湯は体や心臓に負担をかけない!

ことでしょうか。
精神的にも、十分リラックスできます。

炭酸泉のすゝめ

炭酸泉は、温度低め設定です。
炭酸泉は、ぬる湯でもしっかり体が温めるようになっています。
心臓に負担もかからないため、医療にも使われています。

最近では、炭酸泉のあるスーパー銭湯も増えてきました。

ぬる湯につかるなら、炭酸泉につかると一石二鳥です。
お風呂に行くのが楽しみになりますよ。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ