タクシーの燃料は、なぜLPG(液化石油ガス)を使うのか?

タクシーの多くは、燃料がガソリンではないことをご存知ですか?
タクシーの燃料の多くは、LGガスを使っています。
ガソリンスタンドで、タクシーが給油しているところをあまり見かけませんよね?

「あまり見かけない」といったのは、一部のタクシーはガソリンを使用しているからです。
個人タクシーの方で、ガソリンを使用している方も少なくないからです。

タクシーの特徴

タクシーの特徴として、トランクを開けた時に、大きなボンベが見えることがあります。
あれが、LPGのボンベです。
ガソリン車にはない特徴ですね。

タクシー

タクシーがLPGを使うわけ

タクシーの多くが、LPG(液化石油ガス)を使っているには理由がありました。
いくつかありますが、特徴的なものとして以下があります。

まずは、LPGは低公害であること。
LPGは、窒素酸化物の排出濃度が低いため、低公害エネルギーなんです。

そして、二つ目が、燃料費です。
LPGは、ガソリンに比べて、半額くらいの値段で手に入れることが出来ます。
ただ、リッター当たりの燃費はガソリンに比べて落ちます。
燃費は落ちますが、燃料費が安い為、トータルで見るとLPGが勝ちます

 

LPGのすゝめ

燃費が安くて済むなら、一般車もLPGにしてしまえば良いじゃん。
そう思いますよね?
ですが、LPGの欠点として、スタンドが少ないのです。

タクシーの場合は、自社でLPガススタンドを持っているため、燃料補給には困らないのです。

そういうからくりもあり、タクシーはLPGを使っているということなんです。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ