西日本の新幹線こだまは、一般車両でもグリーン席並みの広さ!

先日、徳山に行きました。
徳山は、もうすぐ福岡にたどりつけるようなところ。
山口県ですね。

徳山は、新幹線の「のぞみ」が止まることもありますが、ほとんど止まりません。
ですから、こだまに乗ることになります。

西日本のこだまは、8両編成です。
いつも東海道新幹線しか乗っていない私は、少し戸惑います。
それは、16両編成の場合と乗る位置が異なるからです。
ホームに書いてあるので、まず間違えることはないのですけどね。
少しややこしいなとは思います。

徳山から名古屋まで、乗り換えなしの「のぞみ」がある場合は、それに乗るのですが。
その時は、徳山に止まる「のぞみ」が時間帯的になく、「こだま」に乗りました。
広島乗り換えです。
一般車に乗ったのですが、なんとなんと、いつもとは違う光景が!!!

そうなんです、西日本のこだまは座席が4列なんです。

こだまの社内

西日本の人たちはそれが普通かも知れませんが、乗りなれない私にはショックで。
とても、得をした気分になれました。

間に、ジュースやお菓子もおけるのです。

こだまの席の間

広島までの切符を買いましたが、これなら新大阪まで行けば良かったかなと。
確かに時間はかかります。
ですが、この広さはとても魅力を感じました。

良い気分にさせてくれて、ありがとうございました!

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ