最大風速と最大瞬間風速の違いは?

台風が近づいてきた時のお天気ニュースを見ていると風速の話題が良くでます。
台風のニュースの場合は、大抵の場合、「最大瞬間風速」と言いますよね?
一方、「最大風速」と言い方もあります。

「最大風速」と「最大瞬間風速」って何か違いがあるの?

気になりますよね?
私も気になりました。
そこで調べてみました。

風

瞬間がつく方は、本当に瞬間の風速を指すみたいです。
厳密にいうと、3秒間の平均が瞬間風速というそうです。
観測間隔は、0.25秒間隔。
0.25秒間隔で測定したデータを3秒間分集め、それを平均したものです。

その中で、一番大きな風速を、最大瞬間風速!と呼びます。

一方、風速はというと、10分間の風速の平均です。
少し長めですね。
ですから、ピンポイントで大きな風速を知りたい場合は、最大瞬間風速を見ればよいことになります。

これから、まだまだ台風がきます。
水害も大変多くなってきており、日本の天気は大丈夫なのか?
竜巻もあるし、ヒョウも降る。
これからの未来が心配ではありますが、台風時の風には本当にお気を付けください。

可能な限り、出歩かないのが一番安全でしょう。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ