4Kは4倍?

テレビが高画質化し、4K放送や8K放送という言葉をよく耳にします。
4Kっていうのは、今までのフルハイビジョンの4倍だから4Kだと思ってました。
4Kが以前の画素数の4倍というのは正しいのですが、4倍だから4Kという意味ではなさそうです。

電気屋さんでテレビの質問していると、2Kという言葉が出てきました。
あれれ?
2Kじゃなくて、Kじゃないの?
4Kが4倍なら、元はKですよね?

店員さん、間違えて勉強したなって思ってたんですが、間違っていたのは私。
フルハイビジョン画質は、2Kで正しかったのです。

横の画素数を指していた

2K,4K,8Kはどの部分を指しているのかってことです。
横の画素数のことを指しているみたいですね。

フルハイビジョンは、1,920 x 1,080 の解像度があります。
Kはキロですから、1,000 の意味。
フルHDの横の画素数が1,920ってことは、約2,000。
2,000なので、2Kってことです。

4Kはというと、3,840 x 2,160。
横の画素数が、約4,000。
だから、4K。

ハッピーメールバナー

もう8Kもわかりますよね。
7,680 x 4,320 の解像度だから、横が約8,000。
だから、8Kなんです。

面積にすると、
4Kは 2Kの4倍で、
8Kは 4Kの4倍です。

ちょいとややこしいですけど、そういう意味なんですね。

 

合わせて読みたい記事:


日記・雑談 ブログランキングへ