こんな近くに、良いスーパー銭湯があるなんて・・・
いつも桃山の湯(名古屋市緑区)か楽の湯(名古屋市緑区)に行ってます。
二つとも私のお気に入りのスーパー銭湯です。

でもでもでも、銭湯で検索すると、少し離れたところにあるじゃないですか、有松温泉!
本物の温泉ではないような気がしますけどねw
今日は、有松温泉ー喜多の湯に行ってきたので、ちょいと口コミ書いてみます。

喜多の湯

車で行くならアクセス良好

普通は車で行くとは思いますけどね。
23号線にめちゃ近いのが嬉しいところ。
夜、高速並みに早い道路を走って、有松インターを降りて少し走ったら、有松温泉があります。
本当、アクセスは良好ですな。

喜多の湯はサービスタイムがある!

私は、有松温泉ー喜多の湯に行ったのは初めてです。
22時過ぎに行ったんですけど、550円のつもりで行ったのに、450円と券売機にあります。
そして、「サービスタイム!」の文字が。
22時過ぎたらお安くなるようです。
ラッキーですね。

サービスタイム

後でしっかり見てみたら、月曜日と水曜日だけ、22時以降に入ると安くなるみたい。
通常は、平日550円、休日650円です。

炭酸泉に入る?それとも水素風呂?

お風呂の種類、気に入りました。
炭酸泉は最近どこでもありますが、水素風呂まであるとは思いませんでした。
水素風呂は、家庭でも機械を買うと入れますけどね。→ 水素風呂

銭湯に水素風呂があるのはとっても珍しい!
ただ、本当に水素が溶け込んでいるのかは疑問ですね。
ぬる湯の方はまだしも、回遊風呂の方はジャグジーみたくなっていて、泡がドバドバ出てます。
こんな状態じゃ、水素なんてあっという間に抜けていきそうな気がします。
なので、私はあまり信用してませんけどねw

炭酸泉はと言うと、ちょっと薄いかな。
桃山の湯(名古屋市緑区)の炭酸が一番濃いかと思います。
その次に、楽の湯(名古屋市緑区)、ゆーとぴあ宝(名古屋市南区)の順かなぁ。
有松温泉の炭酸は薄すぎ。
もう少し濃くしてください!
それから、お湯の匂いがカルキなのかどうかわかりませんが、人口っぽくて嫌でした。
臭いも大切なので、考えて欲しいなぁと。

ハッピーメールバナー

未来にはいけるけど過去には戻れない

炭酸泉に入っていた時に、目の前にいた兄弟(親子にも見えた)がしきりに科学の話をしてました。
相対性理論の話にもなり、相対的に時間を操れば、自分の時間を早くして相対的に未来に行けるみたいな話をしてました。
ブラックホールに入れば・・・
うーん、私にはもうついていけません!

浦島太郎が玉手箱を開けて、おじいさんになったのも、竜宮城がブラックホールだったという仮説が立てられる。
というようなことも言ってましたね。
いやぁ、みんな凄いこと考えてるなぁ。。。

喜多の湯の電気風呂は適度

電気風呂の強さは適切でした。
他には、サウナ。
サウナは広くて快適。
テレビも見やすかったし、ゆっくりのんびり過ごせるサウナです。

どこの銭湯でもそうなのですが、水風呂に入る前はしっかりかけ水してくださいな。
本当、マナーが全然わかってない。
大きな字で、「かけ水をしてから水風呂に入ってください」って書いてあるんですよ。
なのに、サウナから出て汗だくな体で一気に水風呂にざぶん。
マジで???
しかもそれが一人じゃないから。
かけ水をして水風呂に入る人の方が少数派ですよ。
どうなってるの日本!

みなさん、マナーは守りましょうよ。
それとも、日本語読めない人ばかりが集まってるんですか???

喜多の湯には岩盤浴まである

露天風呂に岩盤浴がありました。
20分以内でご利用くださいって書いてありましたが、20分も持たないです。
熱い熱い。
寝転がって、すぐに汗がだくだく出てきます。
気に入りました!

総合的に喜多の湯はリピートするかな

良いところも悪いところもありますが、また行こうと思います。
月曜日か水曜日の22時に行けば、450円で入れますからね。
これはかなりお得です。
名古屋の銭湯の料金は420円ですからね。
そのことを考えると、サウナも岩盤浴も水素風呂も炭酸泉もあって450円は激安です。

今回は料理は食べませんでしたが、大きな食堂もあるし、整体もあるし。
長く遊んで癒される空間ですね。

月に一度は来たいと思ってます。

合わせて読みたい記事:


日記・雑談 ブログランキングへ