サイトコピーを防ぐ方法|コピーさせない簡単な方法

WEBサイトをコピーしてそのままアップしている人がいます。
コピーされた方は重複コンテンツとかでサイトの順位が下がったりして困っちゃいます。
もちろん、コピーしたものをそのままWEBサイトとして作成したら著作権違反です。
でも、その対応をするだけでも労力がいりますし、サイトコピーされないのが一番よいですよね。

そこで、一番簡単な方法をお伝えします。

<body>タグに、javascriptのコードを1文書き加えるだけ。

<body oncopy=”return false;”>
と書くだけです。

この一文を入れるとどうなるのでしょうか?
コピーしてみると、普通にコピーできるように見えます。
が、張り付けるとわかります。
コピー出来ていないことが。

私のこのブログにも、同様のコードを入れてありますから、コピーしてみて下さい。
メッセージは何も出ませんが、コピーは出来ない仕組みになっています。

もし、メッセージを出したいのであれば、以下のようにするとメッセージも出ます。

<body oncopy=”alert(‘コピーなんてできないよ!’); return false;”>

メッセージは、好きな言葉にしてもらえれば良いですよ。
コピーしようとすると、メッセージが表示されます。
こちらの方が親切かも知れませんけどね。

コピーしようとする人はどんな手を尽くしてでもコピーしてくるでしょうけどね。
コピーされにくいっていうことではありますけど。

ただね、結局強いのはオリジナルです。
コピーされようと、オリジナルが一番なんです。
潰されたって、オリジナルを作った頭が自分にはあるのですから、作り直してまた勝てば良いですし。

最後は、正義が勝つのです。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ