iPhoneのLightningケーブルが断線するのでバネで補強したら使いやすくなった

iPhoneやiPadで使うLightningケーブルですが、根元の部分とか結構弱いですよね。

他の人も言ってますが、すぐに断線しちゃうって。

私のLightningケーブルも弱っちくて、既に壊れかけ状態。

Lightningケーブル1

Lightningケーブルを毎日使っていると、どうしてもこんな感じで壊れてしまうのですよね。

Apple Care+に入っていたら、備品も対象ですから、通常使いで壊れたものは交換してくれます。

ですが、アップルストアまで行くのが面倒。

しかも、必ず交換してくれるかどうかはわからない・・・

それなら、

直すOr壊れないようにする!

のが一番ですよね。

 

ってことで、どっかのサイトでLightningケーブルを補強している人がいました。

私も、その時の記憶を頼りに、自分の壊れかけのLightningケーブルを直してみます。

 

Lightningケーブル断線の原因

まず初めに、Lightningケーブル断線の原因について語っておきます。

安いケーブルを買ってきても、断線してしまいます。

その原因の多くは、

iPhoneを充電しながら使うこと!

らしいですよ。

知らず知らずの間に、ケーブルがよれて弱くなってしまうのでしょうね。

充電しながら使う時は、そーっと使いましょう(笑)

 

Lightningケーブルの補強に使用するもの

  • ばね
  • つまようじ
  • ビニールテープ

これだけでOK。

ばねは、売っているのが買えば良いのですが、どこで売ってるのか?

よくわからなかったので、捨てても良いボールペンに入っているばねを使いました。

カチカチするペンですね。

先端にスプリング(ばね)が入っているじゃないですか。

それを取ってきました。

つまようじは、最後の方で出てきます。

ビニールテープですが、Lightningケーブルが壊れていない人には関係ありません。

私は、壊れていたので、その部分を補修しました。

しかも、ビニールテープがなかったのでセロテープという・・・

本当は、ビニールテープの方が強いですから、ビニールテープが良いでしょう。

 

Lightningケーブルを補修する

被覆が破れているのでテープで補修します。

Lightningケーブル2

雑ですけど、まぁこんなもんでよいかな。

 

Lightningケーブルの先端にばねを付ける

Lightningケーブルに対してばねを垂直にしてちょいと強めに押し込みます。

こんな感じです。

Lightningケーブル3

この写真ですが、補修前に撮ってしまったものです。

この後、補修しとかなきゃって思って、補修テープでぐるぐる巻いたのでした。

その後、写真とるの忘れてそのまま作業しちゃったのでした。(すません・・・)

 

Lightningケーブルにばねを巻き付ける

ゆっくりゆっくり巻き付けていきます。

バネは細いので、巻き付けにはコツがいるかも知れません。

私も最初は慣れてなかったので時間かかりましたが、最後の方はスイスイでしたよ~

こんな感じに巻き付けます。

Lightningケーブル4

後少しですね。

この後少しが問題なんですよねぇ。

ばねの先端って、何度も同じところに巻いてあるので、これをほどくのが大変!

てことで、爪楊枝くんにお越し頂いて、最後の仕上げをします。

Lightningケーブル5

わかりますでしょうか?

輪っかに爪楊枝を差し込んで、後はこれをケーブルを巻き込むようにしてぐるぐるすれば最後まで巻けます。

 

Lightningケーブルの補強完成

綺麗!?とは言わないですが、自分では満足。

Lightningケーブル6

こうすることで、Lightningケーブルの根元が曲がって折れることもなくなります。

よって、断線することが少なくなるってことですね。

 

断線しないといわれているLightningケーブルの紹介

とは言いましても、何も補強せずに使えるLightningケーブルがあればそれでよいではないか!

とおっしゃる方もいるでしょうから、そんな方にはアマゾンのLightningケーブルをご紹介します。

これ、良いらしいですね。

私は補強して楽しんでる人なので、使ってはいませんが・・・

私は、格安のライトニングケーブルで満足しています。

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ