bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

3日前のブログで、アカゴケのつもりでアンチレッドを買ったけど、もしかしたら茶ゴケかも!?
と思っていましたけど、3日間たった今、やっぱりこの前の苔は赤ゴケであったと思われます。
ビフォー、アフターをご覧ください。

海水水槽の苔
※アンチレッド投入前※

アンチレッド投入3日後
※アンチレッド投入3日後※

PhotoShopで加工しているわけではありません。
そのままの色合いで載せています。
画像圧縮はしていますけど・・・色には関係ないのでご安心ください。

アンチレッドの説明には、アカゴケが緑に代わるかも知れないと書いてあります。
苔が死なずにそのまま残っている状態だそうで、色素が変化しただけ、みたいなことが書いてあります。
確実に効果があったと言えますが、うちの水槽のアカゴケ、ちょっと多いのかも知れません。
ライブロックだけでも、外に出して苔を除去しようかなぁ。

週末にでもやるしかないなぁ。
アンチレッドは、3日間投入したらしばらく(半月くらい)は、そのまま放置で良いとのこと。
それでも、苔が発生する場合は同じ手順で投入しろとのことです。

水替えをしっかりしている人は、アカゴケとか茶ゴケとか気にしなくても良いのかな。

合わせて読みたい記事: