高解像度の落とし穴・・・マルチディスプレイ使用時の注意点

最近のノートパソコンは、高解像度のものが増えてきています。
NEDのLAVIE Hybrid ZERO なんかも、WQHDのラインナップがあって、2560×1440ドットの解像度ですね。

解像度は高ければ高い方が、綺麗に見えます。
写真を見る時等、ドットが細かい方が綺麗ですからね。
それは、それでよいことなんですけど・・・

WQHDの解像度なら、普通にWindows使うなら27インチとかは欲しいところです。
Hybrid ZEROは、13インチのノートパソコンです。
その大きさで、点が細かいので、字が小さすぎて見えません。
目が良い人なら大丈夫なんですけど、私のように少し年を取っていると、何が書いてるんだ?って思います。

マックの画面

ただ、Windows10の場合、テキストのサイズを変更できるようになっていますから、それを200%にすれば特に問題はありません。
Sufaceも、かなり解像度高いですが、デフォルト設定がテキスト200%みたいでした。
だから、文字を見えて写真もきれいになると。
間違っても、Windowsの解像度を下げて使うことはやめましょう。
何の為に高解像度を買ったの?宝の持ち腐れでしょ?ってことになります。

だから、テキストサイズを200%にあげて使えばよいのですが、マルチディスプレイを使っている人は要注意です。
ボヤけます、どちからが。

私は、NECと東芝とアップルを悩んだ結果、CPUもメモリも解像度も一番良いMacbook Proを購入しました。
解像度高くて字が小さくても、テキストサイズ変えればよいしね~~~って思っていたんです。
確かに、マック単体で使う場合はそれで良かったです。
私の場合、150%で良い感じになりました。
あ、言い忘れてますが、ブートキャンプを使ってWindowsをメインで使ってます。
(それこそ、宝の持ち腐れかも知れませんけど・・・)

でも、私はいつも2画面でやりたいので、22インチの液晶モニタがあります。
これは、Full HD。
解像度が異なります。
Windowsのディスプレイ設定で変えたら良いでしょうってことで、設定をそれぞれ変えてみました。

マックの方は、2560 x 1600 です。
こちらは、テキストサイズを150%で運用。
液晶モニタは、100%で運用。

そうすると、なんと液晶モニタがぼやけて見える。
普通に100%で表示してくれたら良いものを、内部的には拡大して更に画面にあうように再調整している感じ。
だから、なぜかボヤけてしまう。
仕方なくマックの方のテキストも100%にすると、液晶の方もボヤけずにきれいに見えるようになりました。

テキストサイズの設定を変更しなくてはいけないくらいの高解像度のノートパソコンを使う場合で、他のディスプレイに接続する予定がある場合は、注意してくださいね。
これなら、Full HDのノートパソコンにしておけば良かったって思うことになりかねません。

私は、テキストサイズを100%で頑張って使っています。
眼鏡かければ使えるし、作業範囲も広がるのでこれはこれでありかなぁと思えるようになってきましたけどw

それから、マックのキーボードはWindowsのものと違いますから、キー操作に慣れるまで時間かかります。
なので、Windowsしか使わない、そしてパソコンに慣れていないという方は、マックでブートキャンプはやめておいた方が良いですね。

見た目が良いってことで、マックを買っちゃダメってことですな。
マックに失礼だなぁと思いました。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ