Windows10にて、VB6で作成したアプリを起動しようとしたら、当然のことながら動作せず。
VB6で作ったアプリケーションは、VB6のランタイムがないと動きませんからね。
当然と言えば当然のことなので、VB6のランタイムをインストールしましょう!

ということで、VB6のランタイムをダウンロード。
ダウンロードはマイクロソフトのサイトから頂いてきました。

VB6 SP6 ラインタイム のダウンロード

ネットワークも光の時代。
7MBのファイルなんて秒速でダウンロードです。
昔のISDNの頃に比べたら、天国のような環境ですね。
ISDNって何?って知らない人もいるかも知れませんが・・・
まぁ、Google先生が教えてくれますから、わからないかたは調べて下さいね。

そして、ランタイムをインストール!

のはずが・・・

出来ない・・・

何度やっても、同じメッセージ。

再起動しても、同じメッセージ。

なぜなぜなぜ?

「2709 オフライン参加完了情報が見つかりませんでした。」

なんて意味不明のメッセージが出てきやがる。
仕方なく、Google先生に聞いたら、Windows10 では、ちょいとばかりレジストリを触らないといけないとのこと。

うーん、面倒だぁ。

ここから先の話は、レジストリって何?
レジストリ触ると、パソコンが動かなくなることもありますよ。

と言うことがわかる人だけ実施してみて下さい。
レジストリを間違って修正してしまい、パソコンが起動しなくなった。
と言われても、私は責任持てませんので、自己責任で・・・
レジストリってどうやって触るの?って方も、わかる人に教えてもらいながらやった方が賢明です・・・

ハッピーメールバナー

レジストリエディタを起動して、以下のキーまで移動して下さい。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\

ここに、[Installer] があれば良いですが、ここにキーの追加で[Installer]を追加して下さい。

そして、そのキーの下に、以下のDWORD(32ビット)値を追加して下さい。
名前:SecureRepairPolicy
値 :2

regedit1

続きまして、またキーを追加します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
の下に、[SecureRepairWhitelist]キーを追加します。

追加したら、そのキーの下に、以下の文字列値を追加して下さい。
名前:{59FEFE3F-8119-457C-A4EE-CF24202DD9D2}
値はなしでよい。

regedit2

こんな感じでしょうか。

この文字列の値は、VB6のランタイムをダウンロードして解凍した時に出来る「VB6SP6RT4.msi」と言うファイルのプロパティを見て、詳細タブにある”改訂番号”を見れば載っています。

このようにレジストリを修正した後、VB6ランタイムのインストールをすれば通るはずです。

再起動せずともインストールが出来ました。

レジストリを触りますので、バックアップを取るなりしてから作業するよう心掛けて下さい。

ご安全に!!!

合わせて読みたい記事:


日記・雑談 ブログランキングへ