アルミパウチとアルミ缶の違い|水素水に缶がないのは?

水素水にアルミ缶はどうしてないの?

ずっと思ってました。
水素水に缶タイプのものがないのはなぜかなぁ?って。
唯一、伊藤園だけが出してますけど、あれだけなのはなぜ?

缶の水素水

だって、伊藤園以外は、全部アルミパウチでしょ?
水素水を作るタイプのは別にしたとして、工場で作って出荷するタイプのものは、全部アルミパウチ。
なんでだろう?ってずっと思っていたんです。

アルミにするのは、わかるんです。
水素って抜けやすいですからね。
世界一小さな分子が水素。
だから、どんなものも通過していっちゃうんですよね。

封をしていたとしても、そんなの無駄無駄って感じで、水素はどこにも閉じ込めておけない。
密室でもお構いなく外に出てしまうんです。

炭酸飲料のコーラは封を切らずにおいておけば、炭酸が抜けることはないですよね?
でも、水素水はダメですね。
ペットボトルに入れておいて保存したら、知らない間に水素が抜けてただの水にw

炭酸と違って、水素水は水素が抜けても味は変わらず同じ水なので。
水素水って、無味無臭で無色ですからねぇ。
だから、悪徳業者も多いんでしょうね。
入ってても入ってなくてもわかんないですから。

と、どんどん話がそれて行きました・・・(;^ω^)

だから、アルミ缶がないのはなぜ?

水素水のアルミ缶の話ですよね。

水素は抜けやすいので、その中でも比較的抜きにくいアルミを選んで保存しています。
でも、そのアルミも完全ではなくて、アルミパウチの場合、口を付ける部分のスパウト部分がプラスチックになっていますよね。
アルミは大丈夫でも、口の部分から少しずつ抜けていく。

では、アルミ缶なら全部アルミですから大丈夫!

って思うじゃないですか。
私もそう思っていたから、缶の方が良いでしょうにって思っていたんです。
でも、ダメなんです、缶では。

p_03

なぜかと言うと、水素水を保存する場合、空気に触れないようにしないとダメなんです。
上図の赤い部分にどうしても空気入ります。
空気に触れるとその空気に水素が漏れていってしまいます。
ですから、完全に空気がない状態で保存しておきたいんですね。

アルミパウチの場合、それが可能です。
形状が変わりますから、空気が入らないように調整して密閉することは可能ですよね。
ロボット君が頑張れば良いかなぁ、と。

ですが、缶の場合は違います。
どうしても、上部に空気が残ってしまうんですよね。

缶の上部の空気をどうしても抜けないから、アルミ缶ではなくアルミパウチが使われているそうです。
でも、缶でも空気が入らないようにして封をするようなロボット作れないのかな?
と思ってしまうのですが、難しいのでしょうね。

アルミパウチの弱点を克服

アルミパウチにも弱点があることはお話ししましたよね。
そのアルミパウチの弱点を克服して、商品化しているものがあります。
それが、トラストウォーターです。

トラストウォーターには、スパウト部分がありません。
こんな感じです。

トラストウォーター

抜けやすところは排除する。
これで、出荷時充填で3.0ppm。
3ヶ月保管しても、飲むときに1.6ppmはあるという高濃度の水素水ですね。

高濃度水素水トラストウォーター

水素水は、高濃度を飲むのが断然良いです。
充填する時に高濃度でも、私達消費者が飲むときに抜けていたのでは話になりません。
ですから、抜けないような工夫をしてくれているのはありがたいですね。

もっともっと濃い水素水が飲みたい人は、私もおすすめのこちらが良いですよ。
水素水7.0「aquela」

飲む前に作りますから、超がつくほど高濃度の水素水が飲めます。
しかも、嘘偽りがないように、試験薬までキットにはついてきます。

水素水って、本当に水素が入っているかわからないじゃないですか。
試験薬までキットに入ってきているので、それで確認することが出来ます。

もし、今飲んでいる水素水に疑問を感じたら、こちらを購入してついでについてくる試験薬で試してみるのも良いですね。

あなたが飲んでいる水素水、本当に水素入っていますか?



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ