梅毒感染が急増中※女性は前年比2倍!

梅毒という言葉は聞いたことあるでしょう。
私も聞いたことしかなく、発症した記憶はないので・・・(;^ω^)

梅毒が猛威を振るっているそうです。
2015年の梅毒感染者ですが、女性に関しては2014年の2倍に増えたそうです。
なぜそんなに増えたのかっていうのがニュースには書かれていないんですよね。

baidoku

↑クリックするとPDFがダウンロードできます。

梅毒は、【梅毒トレポネーマ】と言う最近による感染症。
主に性行為で広がります。

性行為で広がるなら、女性と男性と同じくらい増えても。
と思ったけど、梅毒の菌を持った男が、いろんな女性と行為を持てば・・・
その男、酷いな。

梅毒の症状は、性器や唇にしこりやただれが起きて、進行すると全身に赤い発疹が出来ます。
重症化すると、麻痺など起こす恐れもある病気です。

国立感染症研究所(感染研)の調べによると、2010年までは1,000人を下回っていたが、そこから上昇し、昨年は2,600人を超えたとのこと。
でも、これって医者に来た人の数ですよね。
医者に来ない人もいるだろうから、もっと多いのかな?って思ってしまう。

冒頭でも言いましたけど、女性の感染者が増えているらしく、15歳から35歳が多いみたい。
性行為で感染するなら納得のデータですけど。

ただ、気を付けないといけないのが、妊婦さん。
梅毒に感染したまま子供を産むと、胎児にも感染するとのこと。
妊娠初期の妊婦検診で梅毒の検査を一回はするらしいけど、その後はしない。
だから、妊婦検診後の性交渉によって梅毒感染すれば、その後は感染に気付けないそうです。

性感染症(厚生労働省のページ)

妊娠しているから避妊しなくても大丈夫。
のような軽い気持ちで行為に及ぶと、後悔することになるかも知れませんね。
特定のパートナー以外とはしないから大丈夫と思っても、そのパートナーが他から持って来たら・・・
とか、なんか疑心暗鬼になってしまいますが、適切にコンドームを使うなりして予防した方が良いですね。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ