早起きで早死にする?オックスフォード大学が発表した新事実

早起きは三文の徳

昔っからそう言われていました。
人間は太陽が出たら起きて働き、日が沈んだら家に帰って休む。
そういう生活が一番良いのだと思っていました。

ですが、どうやら違うようですね。

早起きは三文の・・・

早起きは寿命を縮める

昔は正しいと思っていたことが、今は正しいとは限らない。
昔、私たちは当たり前のように聖徳太子のことを勉強しました。
ですが、今となてみれば聖徳太子が本当に実在したかどうかもわからないそうですね。

それから、源頼朝。

源頼朝

この人ですよね?
ですがこの人、源頼朝ではない別人らしいです。
私は、ずっとこれが源頼朝だと思っていました。

歴史なんてその当時に生きていた人ではないから、本当のことなんてわかりようがないのかな。
だから、解釈の違いでどんどん歴史が変わってくる。
歴史が変わるわけじゃないんですよね。
理解の仕方が変わってるだけで。

歴史の話はそれくらいにしておいて、早起きの話ですね。

オックスフォード大学が研究発表

最近、オックスフォード大学が

「早起きは病気に繋がる」

という説を発表したそうです。
早起きは心にも体にも大きな負担をかけるもの。
今すぐ習慣を改めるべきだという研究結果を発表したのです。

発表したのは、オックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科科学研究所の名誉研究員、ポール・ケリー博士。
世界中の睡眠パターンを分析して、年齢層毎に推奨する起床時間と起床後の活動開始時間を提示してくれています。

個人差はあるみたいですが、大体以下のようにすると良いらしいです。

眠い女性

理想的な起床時間

  • 青年期(15歳~30歳)・・・朝9時
  • 壮年期・中年期(31歳~64歳)・・・朝8時
  • 高年期(65歳以上)・・・朝7時

と言うことですね。
私は、中年期かな?いや壮年期だ!(笑)
朝8時に起きるのがベストらしいですが、寝坊しない限りもっと早く起きています・・・
8時に起きないと早死にするのだ~~~!

理想的な活動開始時間

続いて、活動開始時間は以下の通りです。

  • 青年期(15歳~30歳)・・・朝11時
  • 壮年期・中年期(31歳~64歳)・・・朝10時
  • 高年期(65歳以上)・・・朝9時

もう、とっくに会社始まってますよ!!!
健康の為とはいえ、これじゃあ仕事にならないでしょうねぇ。
だって、銀行は9時から空いてますから、その時間には仕事してないと。
根本的に国のシステムを変えないとだめですね。

集中力にも関係する

どうやら、この時間は集中力にも関係するみたいですね。
早起きすると頭も活発に働き、仕事が捗る!というような本がありますが・・・
それとは完全に逆をいく結果なんですけど、早起きは集中力も低下するのだとか。

Googleはそれを知っているのかどうかわかりませんが、フレックス制で、午前中は人が少ないそうです。
だとしたら、早起きは効率が悪くなるのは本当かも知れませんね。

じゃあ、明日からゆっくりしっかりいっぱい寝ちゃおう!
寝坊しちゃおう!
ってことにはならないでしょうけど・・・

会社をやっている経営者のみなさん。
一度、フレックスタイム制度も考えてみたら如何でしょうか?
業績が倍以上変わるかも知れませんよ。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ