17型コラーゲンの減少が薄毛原因|東京医科歯科大学が解明

薄毛の原因を東京医科歯科大学が解明したとして西村栄美教授が発表していました。

薄毛の原因は、毛が作られなくなることになりますが、毛を作るのが、毛包幹細胞と言うところ。
毛根の一番根っこにあるのですが、この毛包幹細胞が加齢と共に減少し、毛根が浅くなって最後にはなくなってしまうそうです。
毛が作られるところがなくなるので、薄毛になってしまうのですね。

髪がきれいな女性

では、この毛包幹細胞が減らなければ良いということで、毛包幹細胞を維持するためには「17型コラーゲン」というものが必要だそうです。
実はこの「17型コラーゲン」が加齢と共に減っていくために、毛包幹細胞も減っていくというメカニズム。

そうであれば話は簡単。
「17型コラーゲン」を補給すれば、毛包幹細胞の減少を遅らせることが出来ますよね。

さぁ、みんなで「17型コラーゲン」を摂取しよう!!!

と意気込んでみても仕方ないみたいです。
どうやらこの「17型コラーゲン」外部から取り入れることは出来ないそうです。
また、「17型コラーゲン」を増やす成分もわかっていないとのこと。

「17型コラーゲン」を増やす仕組みがわかれば、女性の薄毛がなくなるってことじゃないですか。
おーーー、これはビジネスチャンスかも知れません(笑)

薬学部のみなさん、研究テーマに「17型コラーゲン」を取り入れてみて下さい。
薄毛・脱毛で悩む方の救世主になれます。

それまでの間は、育毛剤で増やすことを考えて見ましょう。

知り合いも今この育毛剤にチャレンジしています。(女性用の育毛剤です)
育毛剤マイナチュレ

「17型コラーゲン」を減らさないようにするには、食生活の見直し、ストレスの緩和等、今まで薄毛対策でやっていたことと同じことをしていれば大丈夫です。
劇的に改善する為には、薬の開発を待つしかありませんが、今できることは今頑張りましょう!



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ