ピンクイグアナは生きていた!ガラパゴス諸島で夏菜が発見

フジテレビ「日曜ファミリア・大陸横断アドベンチャー巨大危険生物を捕獲せよ!」
で、夏菜が「ピンクイグアナ」を捕獲するプロジェクトをやっていました。

ピンクイグアナと言えば、珍しいイグアナ。
ガラパゴス諸島にしか生息していないという超レアなイグアナです。

それが、昨年5月にあったガラパゴス諸島最大の火山「ウォルフ火山」の爆発から、生存確認が取れていないのだという。
そのピンクイグアナを探すという内容のものでした。

ピンクイグアナはこんな奴です。

ピンクイグアナ

これは発見した直後のピンクイグアナですね。
夏菜が見つけたようです。

このピンクイグアナは、ピンクの色素があるのではありません。
足の辺りに黒い斑点みたいなのがあると思いますが黒いところだけ色素があるのです。
それ以外は、色素はなく、毛細血管の色が透けてピンクのように見えているそうです。

ピンク色は血の色ってことですね・・・

ウォルフ火山近郊にしかいないピンクイグアナですが、1匹は確認できてよかったです。
もっといないと絶滅してしまうから、しっかり生き残っていて欲しいですね。

ガラパゴス諸島にはいろんな珍しい動物がいます。
私も行ってみたいと思いますが、一般人はいけないようですね。
今回の取材でも、生態系を崩さないいろいろな工夫がされていて、とにかく入るだけで一苦労。
ガラパゴス諸島に持ち込むものはすべて殺菌処理をしないといけないとか、冷凍庫のようなところで菌を殺すとか。
また、ガラパゴスでは生態系を壊してしまうからという理由で火も使えません。
ですから、冷たい缶詰をみんな食べていましたねぇ。
それだけ神経質になって、研究しているって言うこと。

貫き通すのは立派なことですね。

ピンクイグアナ、発見出来て良かったです。
もちろん、捕獲した個体は、野生に戻していたのでご安心下さい。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ