bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

このドライバー、めちゃくちゃ飛びます。
誰が打っても飛びます。

では、なぜ誰が打ってもめちゃくちゃ飛ぶのでしょうか。

このHAYABUSA BEYONDの構造について調べてみましたので、理由をお伝えしてみようと思います。
まず、初めに良く飛ぶという理屈から。

ボールの飛距離と言うのは、以下の計算式で成り立ちます。

ボール初速 x 打ち出し角 x スピン量

ボールの初速を上げることによって、まずは飛距離が出ますよね。
ハヤブサは、ヘッド全体がばねのようにたわむんです。

このたわみがボール全体にパワーが伝わる秘密。
ボールへの反発力が最大になるんです。
バネのようにたわむなら、ボールにさえ当たれば飛びますよね。

ですがここで気にしないといけないことありますよね?
ボールがヘッドのどこに当たるかです。
スイートスポットが小さいと、しっかり真ん中に当てないとまっすぐも飛びませんし距離も出ません。

HAYABUSA BEYONDはどうでしょうか?

実はハヤブサはこのスイートスポットがでかいんですよ。
どこに当てても飛ぶような設計になっているんですよ。

素材にもこだわっていて、フェイス部分は、超薄型チタンTi983を採用しています。
フェイス部分が薄くなっていることもあり、極みの反発力が生まれているってことなんですね。

ヘッドの重心にもこだわっています。
前や後ろにあると、スピン量が増えたり減ったりします。
ハヤブサは、前と後ろに重りを置き、最適なバランスに仕上げてあるんです。
これで最適なスピン量の2000~2500PPMを実現することが出来たのです。

こちらの以下のもチェックしてみて下さいね。
飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】

https://youtu.be/oLSRONU270A

合わせて読みたい記事: