寝言に答えると魂が抜ける?寝言に答えてはいけない本当の理由

寝言に答えてはいけません!と教えられたことはないでしょうか?

「寝言に答えると魂が戻らなくなる」とか、
「寝言に答えた方が夢遊病になる」
と言った、都市伝説まであるほどだ。

実際に、寝言に答えてはいけないのでしょうか?
こういう都市伝説はすこし横に置いておいて、化学的な根拠について調べてみました。

睡眠

寝言に答えるのはやめましょう!

結論から言うと、寝言には答えてはいけません。

寝言に答えると、寝言が増えるのです。

寝ている間は、その日あったことなど、脳内でリプレイされるのですが、通常は脳と体を動かす神経は別々に働いています。
ですが、その神経が何らかの原因で接続されてしまうと寝言として出てくるのです。
寝言を言った時に、外部から刺激(寝言に答える)があることによって、起きている時と同じ動作として脳が錯覚してしまい、寝言が増えることになるそうです。

とにかく、寝言に答えると、その人の寝言が増えるので注意が必要です。
では、寝言が増えると何が困るのでしょうか?

寝言が増えると睡眠の質が落ちる

寝言が増えてしまうと、そばで寝ている人がうるさい!
そういう理由もあるでしょう。
寝言が増えると気になって仕方ないですからね。

ですが、それは周りの人間の話であって、問題はもっと深くて、寝言を言っている人が困るんです。

睡眠には浅い睡眠と深い睡眠があります。
浅い方がレム睡眠、深い方がノンレム睡眠と言います。
これは良く聞く言葉ですね。

人間は睡眠に落ちると、まずはノンレム睡眠で深い眠りにはいり、そしてレム睡眠に移行する。
その後は、ノンレムとレムを繰り返しながら朝を迎えます。
寝言を言うときは、浅い眠りの時。
体は眠っているけど脳は起きている、そんなレム睡眠の時に寝言は出ます。

寝言に答えてしまうと、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを乱してしまうことになり、睡眠の質が低下してしまいます。
そして、寝言が増えるとさらに、良い睡眠が出来なくなる。

ですので、体が休まらないことになりますから、寝言には答えないようにしてくださいね。

寝言を減らす方法

寝言が多い人は、以下のような共通点があるそうです。
当てはまることがないかチェックしてみて下さいね。

  • 電気を付けたまま寝る
  • 朝になってもカーテンが閉まっていて暗いまま二度寝する
  • 足首が冷えたまま寝る
  • 深酒する

上記4つは、レム睡眠に入った後の学習行為を乱してしまう原因だそうです。

たくさん寝ているつもりなのに、なぜかスッキリしない。
昼間に寝落ちしてしまう。
こんな方は、この4つを治すことで、改善することが多いそうです。

これ、自分だ!って思った方は改善してみましょう。
睡眠の質を上げて、健康な体にしていきましょう!

 



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ