アメリカ大統領官邸を「ホワイトハウス」と呼ぶのはなぜ?

ホワイトハウスの名前の由来なんて、見た目が白いからでしょ?

その通りなんですけどね(笑)
その中にもいろんなうんちくがあるわけでして・・・
時間があるなら少し聞いていって下さい。

ホワイトハウス

ホワイトハウスは、誰もが知っているアメリカ大統領の地位の象徴。
アメリカ大統領官邸のことですね。

このホワイトハウス、完成当初から白かったわけではないんです。
大統領官邸が誕生したのは、1,800年。
最初の住人は、2代大統領のジョン・アダムズ。
この当時、ホワイトハウスという名前でもなかったですし、外観も白くはありませんでした。

アメリカが独立後まもない1,810年頃、アメリカはヨーロッパのナポレオン戦争に参加します。
あくまで中立を守り、貿易上の利益を守ろうとしたのですが、ナポレオンの敵だったイギリス軍はアメリカの通商を妨害しました。
そして起きたのが、1,812年~1,814年の米英戦争です。
この戦争で、首都ワシントンの大統領官邸も1時線かに巻き込まれて1,814年に大半が焼失してしまいました。

翌1,815年、大統領官邸を全面改築する際、その焼け跡を隠す為に全体を真っ白なペンキで塗りました。
これが大統領官邸が白くなった理由です。

そして、ホワイトハウスという名前ですが、正式に使われるようになったのは、26代ルーズベルトの時からだそうです。
ルーズベルトが便箋に「ホワイトハウス」と名前を入れてから、広く「ホワイトハウス」が使われるようになったとのことでした。



日記・雑談 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ